診療方針

皆さんの「気持ち」ちゃんと伝わってますか

いい治療のために必要なこと

私たちが考える「いい治療」とは、何よりもまず「皆さんの求める治療」がしっかりと実現できることだと思っています。
説明イメージ
それには、私たちが一方的に「これがベスト!」と考える治療を押し付けるのではなく、まずは皆さんの「気持ち」をしっかり理解すること。

さらに私たちも、皆さんに対して、適切で分かりやすい情報提供を行いお互いが様々なコミュニケーションをとりあうことが大切だと考えています。

コミュニケーションへの取組み

このように、私たちは皆さんと積極的にコミュニケーションをとっていきたいと考えています。
治療説明イメージ
ちょっとした雑談はもちろん、治療についてのご要望・不安を確認するヒアリングの実施、治療内容の詳しい説明、そして、いつでも皆さんが気軽にお話できるような明るい雰囲気作り。


普通の歯医者さんから比べると、「ちょっとにぎやかかな…」と思われるかもしれませんが、ぜひコミュニケーションを大切にする私たちの医院に、一度足を運んでみてください!! 皆さんとお会いできることを楽しみにしています!!

治療中の患者様へ

歯科の治療は、病状により治療内容が多くなって、多数の来院回数が必要な場合があります。特に多数歯の根管治療など、患者様にとって大変な労力を要します。 時には うっかり予約時間を過ぎてしまったり、突然急用が入ってキャンセル、そのあと次の予定が判らないので、ずるずると予約電話が出来なかった... ということもあるかと思います。
そんな時でも、どうか遠慮せず、お電話で予約を取り直してください。
 
「無断で治療をやめてしまったので行きづらくなった・・・」などという声を 聞くことがありますが、私達はそのようなことは気になりません。 むしろ治療途中の歯のことが心配です。 治療途中の歯は、放っておくほどその寿命を急速に失います。 「何本もあるうちの1本ぐらい」なんて考え方は間違っています。 その損失が、全体の崩壊への幕開けになったり、将来の大きなツケになるのです。 歯科医師は多くの方の入れ歯への道を知っているんです。ついうっかり忘れた、連絡しそびれて長い間放ってしまった等、誰にでもあることです。
大切な歯を失ってしまうことが無いよう、迷わずお早めにご連絡ください。