「歯周病」対策って?

「歯周病」対策って?

画像

歯周病に自覚症状はないんです。

気付くのは、重症でもう手遅れになった頃なんです。

画像 昔から年をとると歯はダメになるもの…。
いえ、違います。まずは、年に1回ぐらいは歯周病の検査をして下さい。 
 歯が無くなることは、食事が不自由になります。どんなに高齢であっても、生きている限り、おいしく物を食べたいものです。どんなグルメ料理も自分の食べる機能がしっかりしていなくては、おいしくありません。
 誰もが経験する、歯の喪失。これは人生の中の「大きな喪失」であり、その原因の多くは「歯周病」なのです。 

だから歯周病対策です。

画像

中等度歯周病でさえ、既に随分と損失状態です。原因は、歯みがき不良と全身の不健康がほとんど。
まさか自分のこととは思っていないので、必ず歯周病の検診を受けて下さい。

「自分の歯で長持ち」 それが一番なんです。

画像 歯の丈夫な人は、終生、多数歯ですが、歯の弱い人は30-40代で明確に兆候が現れ、50―60代で、8020の20本を切っていきます。

歯が無くなり始めてからでは手遅れです。

その10年以上前からの対策が重要です。

画像

この2つは自分では全く判断ができない点です。 
歯の無くなる人は「磨いていたのに歯がダメになった」といいます。
なぜでしょうか。 自己診断が間違っていたためなのです。
こんな細菌が自分の歯についているなんて、誰も想像していないのです。
(チロチロ泳ぐ細菌、動かない細菌、どれも全て口腔内細菌です)

»歯周病細菌の位相差顕微鏡 動画
http://youtu.be/wgBiyRkvGTk

画像

:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:

画像
1.特に、歯科医院で磨き方指導が大切です。
2.テレビや人の話やネットでも、判りません。
3.自己流で多くの方が損をしています。
4.歯ぐきのココを、こんな感じで、このくらいに動かす。
  そうすれば、ほら、キレイになる。
5.歯科医師、歯科衛生士の実地指導でないと、
  なかなか判らないんです。
6.歯垢、歯石を溜めないこと。溜まりやすい方は1~3ヶ月毎に
  歯科医院でクリーニングをして下さい。

:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*: