本八幡駅徒歩2分、平日夜19時30分まで診療の歯医者さん

〒272-0023千葉県市川市南八幡3-4-8HKアルファビル202
本八幡駅より徒歩2分

診療時間
9:30-13:00 × × ×
14:30-19:30 × × ×

△:土曜午後は14:30~18:00

ご予約・お問合せはこちらへ

047-378-4611

市川市無料検診のお知らせ

市川市無料検診、千葉県無料検診のお知らせ

市川市では歯周疾患検診を行っています。その年に30歳・40歳・50歳・60歳・70歳を迎えられる市民が、無料でむし歯・歯周病など、お口の状態をチェックできる制度です。受診機会が10年に1度ですので是非ご活用ください。市から受診券が対象である市民の皆様に郵送されます。

もしあなたのお手元に歯周疾患検診の受診券が届いたら、お口の健康を維持する貴重な機会ととらえていただき、当医院で受診してください。受診期間も約3カ月と制限が有りますのでご注意ください。

本来、あまり歯科治療や歯科検診を受ける機会の少ない方に対し、疾病の早期発見をして戴くために制度化されました。

口腔がんは、治りにくい口内炎と勘違いして長期に放置したりすると、舌や顎の骨の一部を切除しなければならなくなったり、最悪の場合は死にいたるとても怖い病気です。

わが国では、高齢化社会の影響でしょうか、他国と比べて著しく患者数が増加しています。さらに近年は従来では考えられない若い女性に発生する例も報告されています。そして術後のQOLの著しい低下から「自殺率の非常に高いがん」であると言われており、WHOからも「早期発見•早期治療」の大切さを強調されています。

 

平成21年6月から市川市では、全国に先駆けて、まったく新しい口腔がん検診をスタートさせました。この検診方法は、一次検査として視診・触診を、微妙なケースでは二次検査として細胞検査を、続けて行います。この二次検査は液状細胞診という先進的な方法を採用しています。お口の中のがんが疑われる粘膜を小さなブラシでこすり取るだけで、痛みはほとんどありません。

 

30歳以上の市川市民の方であれば、年に一度、この検診を受けることができます。ぜひ、ご自身の口腔がん予防・早期発見に役立ててください。

受付は市川市保健センターで、検診は市川市歯科医師会の指定歯科医院で行っています。この検診は高齢者などの条件の方を除いて、一般には600円(一次検診まで)または1,200円(二次検診まで含む)の自己負担金がかかります。

 妊娠中もお仕事で健診の時間の取れなかった方に吉報です!

 

 このたび平成30年度から妊婦歯科健診(無料)が、市川市保健センターでなく、お近くの歯科医院で受けられるようになりました! センターでなく、お近くの歯科医院の診療予約時間でよくなったため、受診の機会が大幅に広がりました! もちろん当院も指定歯科医院の一つです。

 

 

 妊娠すると、ホルモンのバランス変化やつわりによる歯磨き不足や嗜好の変化などが原因で、歯肉が腫れやすくなったり、出血したり、むし歯にも大変なりやすい状況となります。 重度の歯周病では、早産・低体重児出産の頻度が高まるとも言われています。

 ママのお口の中の健康状態が、今の体調だけでなく、生まれてくる赤ちゃんにまで大きく影響します。 「あなたの今」にとって大切な情報を得ることができますよ。

 できれば妊娠12週~27週ごろが理想的です。 妊婦歯科健診を受けましょう。

 

 母子手帳発行時の受診券をお持ちください。健診は無料です。

 

20歳になる君へ

市川市では「はたち」の方を対象に「二十歳の歯科健康診査」を行っています。虫歯や歯周病の検査はもとより、口腔全体を1回で撮影できるレントゲン撮影で、隠れたムシ歯から歯周病、そして親知らずの状況まで一気に把握できます。

その他、歯並びや口呼吸についても診査します。さらに前歯表面の汚れもクリーニングします。

 

もしあなたのお手元に二十歳の歯科健康診査の受診券が届いたら、お口の健康を維持する貴重な機会ととらえて受診してください。

大事なことは、毎年の歯科検診は「高校生で終わりではない」ということなのです。

これからはご自身の身体、特に歯科については「少なくとも年に1回、自主的に定期検診を受けましょう。」というメッセージが込められています。

 

75歳以上になると、お口の機能が低下してきます!

 

 お口のゲンキは体のゲンキです。 お口のゲンキが衰えると、カラダの元気が落ちていきます。

 

 例えば、

① 固い物が食べにくくなりませんか?

② お茶や汁物等でむせることがありませんか?

③ 口の渇きが気になりませんか?

 

 元気な方は、よくしゃべり、よく食べ、よく話し、元気ハツラツです。お友達との交流も盛んで積極的に外出します。 元気な方々が、実はお口の機能がとても達者だと気が付きませんか? お口のトラブルがきっかけで、積極性がなくなり、そこから生活が老けていくことが解っています。

 近年、歯科医学では「オーラルフレイル」「口腔機能低下症」という概念で、健康なお口が全身の元気に大きく影響することが判明しています。通常の検診のムシ歯、歯周病、入れ歯のほかに、本検診では口腔機能の検査も行います。