本八幡駅徒歩2分、平日夜20時まで・土曜も診療の歯医者さん

〒272-0023千葉県市川市南八幡3-4-8HKアルファビル202
本八幡駅より徒歩2分

診療時間
9:30-13:00 × × ×
15:00-20:00 × × ×

△:土曜午後は14:30~18:00

ご予約・お問合せはこちらへ

047-378-4611

歯が溶ける病気??

酸蝕歯(さんしょくし)のお話

酸蝕歯とは、ワインやビール、スポーツドリンク、レモンやグレープフルーツ、お酢など・・・

実は、私たちが普段よく口にする食べ物や飲み物には、歯のカルシウムを溶かすのに充分な酸が含まれているそうです。

酸蝕歯とは酸性の飲食物を常用することで、溶けてトラブルを起こしてしまった歯の状態です。

きちんと歯を磨いているのに酸蝕歯になる方が増えています。思い当たる症状がありませんか?

主な症状は

・歯がしみる

・咬み合わせの部分が凹む

・前歯が薄く短くなる

・歯のツヤがなくなる

・歯の表面が着色する

・前歯の先端が欠ける・・・など

 

pH5.5以下の飲み物・食べ物は酸性が強いため、摂り過ぎに注意

 

こんな方は要注意!

□黒酢・ビタミンCの顆粒、クエン酸の常飲

□果汁(ジュース)、スポーツドリンク、炭酸飲料水などの常飲

□レモン、梅干しを1日に頻回に口にする

□ワイン、お酒、ハーブティを夜や寝る前に毎日飲む

□フルーツ、ドレッシングをかけた生野菜を毎日多く食べる

□つわりや摂食障害による嘔吐を繰り返す

□よく胸焼けをしたり、げっぷがでる

□多種類の薬を飲んでいて、口が渇きやすい

↑あてはまる数が多いほど酸蝕歯の可能性が高くなります

 

しかし、私はワインもビールも果物も好き!!!という方は多いと思います。

日ごろの予防としては酸の含まれたものを飲みすぎない、食べすぎない。

飲んだらうがいをしたり、夜食のフルーツ、ワイン、ハーブティは避ける。

また、カルシウムを多く含む牛乳やチーズなどをゆっくり食べるのがいいのだとか。

緑茶にはフッ素が含まれ、歯質の耐酸性の強化になるそうです。

 

普段の生活での食べ物、飲み物もあてはまることがないか少し気にしてみてください♪

ご予約はこちら

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

みんなのはしろがいい
047-378-4611

アクセス

みんなのはしろがいい
047-378-4611

〒272-0023
千葉県市川市南八幡3-4-8
HKアルファビル202
JR総武線 本八幡駅南口より徒歩2分
都営新宿線 本八幡駅 A2出口より徒歩4分